--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://unlm153.blog.fc2.com/tb.php/19-cf2dbee0

03

13

コメント

夢のようなホーム開幕戦(vsガンバ大阪)レポ最終章・キックオフから試合後【J特】

開幕14
3月10日13時、V・ファーレン長崎初のJホーム開幕戦、ガンバ大阪との対戦。

ホーム戦だというのに、ピッチアップから試合前のセレモニーまで、大先輩の洗礼を浴びせられ
波乱含みの船出となった。

そしていよいよ、選手入場の時間に・・

満杯のスタジアムのピッチに、青とオレンジのユニフォームを身にまとった選手たちが入場してくる。
選手たちの後ろには、Jリーグの試合でしか見れないフェアプレーフラッグ。
ついに私たちはJリーグという大海原へ漕ぎ出したのだ。思えば遠くへ来たもんだ・・


JFL優勝の時以上に、選手たちの前にカメラマンがどやどやおしかけてきているのがバクスタから見える。
開幕15

母体の国見FCと有明SCが統合したのが2004年、「V・ファーレン長崎」と改称し、NPO法人運営のクラブとしてスタートしたのが翌年2005年。2009年にJFL入りし、今年J入りしたばかりでまだ8歳の若いチーム。
対戦するガンバ大阪は、1980年に創部された松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブの中の1チームであり、創立年から数えると30年以上は経っている老舗中の老舗。
しかも20年間の中で、J2に降格したのは今年が初めてだという・・!!!

おそらくJリーグの歴史の中で、これだけギャップのあるチームが対戦するのは初なのではなかろうか。
私たちはまさしく歴史の証人になったといえる!

いつもの如く円陣を組み、それぞれの位置につきキックオフ!!
スターティングメンバーは下記のとおり、岡山戦と同じメンバー。

GK 岩丸
DF 藤井 山口 高杉
MF 井上 岩間 小笠原 古部 神崎 幸野
FW 佐藤洸



いきなりの危なっかしい展開・・突然のピンチも藤井くんが阻止!!
藤井くんありがとう!そしてJリーグの世界におかえりなさい!!(←2009年までは元佐野監督の元でザスパの選手としてプレーしてたのだ)

しかしGKのボール処理ミスとやらで13分に失点。ガンバの得点者は平井将生選手。
どうやら岡山戦も同じミスで失点してしまったようだが、まだ試合は始まったばかり。切り替えていこう!

そしてヴィファのコーナーキック(以下CK)の機会が!どうやら神崎さんが蹴るみたい。
そんな神崎さんに向かってガンバサポからは容赦ないブーイング!
惜しくも得点にはつながらなかったけど、( ・∀・) イイネ!
Jにきたんだなあ・・という瞬間は人それぞれだと思うけど、私的にはこの瞬間が一番ぞくっときたなー。


しかし24分には、あまりのドリブル突破の速さにDF陣の足が追いつかずどフリーにさせてしまいまた失点。
こちらも得点者は平井選手。
2日前のブロゴラ(サッカー専門誌「エルゴラッソ」web版)では、
ガンバ担当者は、移籍先の新潟から帰還した平井選手がレアンドロの代理としてスタメンで登場すると注目し、
無意識のうちにゴールフラグを立てていたようだ。恐ろしい・・
[G大阪]スピードスター平井が長崎戦で先発か
http://blogola.jp/p/6196


これはいかん、応援で盛り上げなきゃと手拍子で応戦するが、ガンバサポーターの応援の勢いは増すばかりで、さらに長崎の応援はガンバの応援が中断したときでないと聴こえない(涙)
しかも自分は左耳の聴力があまりないので、余計にハンデがある。下手するとガンバの応援に手拍子をあわせてしまいそうになる・・(^_^;)

そうこうしているうちに、35分に二川選手にゴールを決められ、これですでに0-3。
最初の2失点はミスもあっただろうが、3失点目は明らかに力の差だった。
その他にも、恐ろしいシーンが続出。
2年前の天皇杯でヴェルディ相手に1-7となったこともあったが、その時のような大量失点するんじゃないかと思ったくらい力の差があった。
もう目の前につきつけられた現実に呆然とするほかなかった。

こんな負け試合もう見とうなかばい!!と呆れて帰ってしまうお客さんが続出するのではないかと心配したが
誰ひとり帰る人もいなかったし、退屈になって別のことをする人も私の周りにはいなかった。
選手たちの頑張りは観客に十分伝わっていたのだ!


ようやく前半が終了し、緊張から解放される。
それにしても、ガンバさん、あなたなぜこんなとこ(J2)にいるのさ・・(´・ω・`)
初めての相手にしては荷が重すぎるわよ・・


気を取り直して、マッチデープログラムに掲載されたくじを確認。
諫早市の名産物が当たるとやらでどんなものが当たるのだろうかとわくわく。
オーロラビジョンに企業名と商品名、当選番号が映し出される。
そこには、地元民なら誰でも知ってるうなぎ料理店やおこし販売店など知っている企業名が続々。
普段なら諫早市民しか買わないであろうこのローカル色あふれた名産品が
もしかしたら遠く離れた大阪のみなさんに当たるのかもしれないのか!
そう思うと、地元にJリーグがあるってほんとに素敵ですね!!


さて後半。これ以上大量失点しないことを祈るのみ。

どうやら岩間選手は、控え入りした金久保彩選手と交代したようだ。
金久保選手は途中加入した選手で、元水戸ホーリーホックの選手。
多分、2/17のがまだすダービーに練習生として出場して活躍した選手と同じ方じゃないかなと思うが、
前半よりはいい感じに試合が傾いていった。
うーんやはりこの選手は何かしら持っているのだな・・
(ちなみに同日アビスパでゴールを決めた金久保順選手と出身地は同じですが、血縁関係はないようです)

幾度となく選手たちは惜しいシュート続出。
しかしながらあと少しのところで枠をとらえられなかったりガンバの藤ヶ谷選手にキャッチされたりなかなか決まらない。
皆健闘しているんだけど、相手がすごすぎる故の焦りが先に立ってしまうのかな。


高木さんは後半31分に幸野選手を下げ、水永翔馬選手を投入。
その2分後には、ガンバでは前半で2点も得点した平井選手が下がりパウリーニョが入った。

そしてそのまたわずか2分後・・長崎の選手のゴールが・・

決まったーーーーー!!!!
得点者は翔馬くんだ!!!


みんな立ち上がって史上初の長崎ゴールを喜んだ!!
正直この瞬間相当気持ちがぶっとんでよく覚えていないww

だってあの翔馬くんが、今までJ経験がなく3年前までは宮崎でサラリーマン選手やってて、
ヴィファに入団して27歳の今年になって夢のJリーガーデビューを果たしたばかりのあの翔馬くんが
強豪ガンバ大阪相手にヴィファJ初のゴールを決めたんだよ!!
これって相当すごいことじゃない!?


さてそんな興奮のうずのまま、急に長崎側の応援が息を吹き返しバクスタは手拍子の嵐に!!
大盛り上りのまま目の前のベンチに目をやると・・10番の選手が・・
おお!!
佐藤由紀彦選手がどうやらこれから途中出場するようだ!!


オーロラビジョンには「佐藤由紀彦」の名前が!!
皆由紀彦さんがV・ファーレン長崎のカリスマ的存在だとわかっているのだろう。
大いにわく観客、心臓の鼓動が高鳴る。

しかし・・どうやら神崎さんと交代させるらしい(´・ω・`)
神崎さん推しの私はフル出場かなわずか・・とちょっとがっくしだが、由紀彦さんだから許せる!
それに神崎さんにはその分富山戦でフルで頑張って欲しいと思っていたりします!
何故富山戦なのかは別記事にて!!


先程のピッチアップでも真っ先に飛び出していった由紀彦さんは
36歳とは思えないエネルギッシュさで立ち向かっていく。
由紀彦さんは大昔はJ1の舞台にもいたし、ガンバとも何度も対戦したのだと思うし
その時の感覚を思い出して相当気持ちがあがっていたのではなかろうか・・


そしてさらなる歴史的瞬間が訪れた。
入場者数が「18,153人」と表示されたのだ!!
開幕17
え、この入場者数はそんなに多い方なのかい!?とお思いの皆さん、
J2の開幕戦でこの観客数は驚異的な数値なのですぞ!!
同じ10日のJ2の試合で、次に多かったのは札幌vs栃木の13,248人で、
一番少ないのが水戸vs富山の2895人なのです。
でも札幌ドームはキャパは4万人だしもともとはコンサドーレはJ1のチームなので
全くの新参者チームの観客数としてはすごいことだと思います!!


さて試合の方は終盤も皆シュートしまくるが、どれも枠をはずしたまま1-3で終了。
しかし!後半はゴールも決めた上全く失点しなかった!!
ちなみにガンバは日本代表のヤットも今野選手もフル出場で後半も出場しているのである。
後半だけだとまさしくジャイアント・キリングなのではなかろうか!

負けたけど力の限り戦ったヴィファ戦士たちに、会場からは大きな拍手が起こった。
皆試合後コメントでは勝つことができずに悔しい、申し訳ないと謝っているけど、
開幕戦からスコア以上に素晴らしい内容の試合を見れて、私的にはとても満足しています^^
どうかこの興奮がくせになって次回の富山戦もまた行きたいと思ってくれる方が増えますように・・。

そうそう、会場にはあのザッケローニ監督が視察に訪れていたとか。
ヴィファ戦士たちはどのような印象だったのか、その中で日本代表に出したい選手は見つかったのか
ちょっと気になるところです。


さて会場を出て通用門でヴィヴィくんと握手できるだろうかと待っていたが
初めてのこといっぱいだし試合後もたくさんの人に愛想振りまいて疲れたのか、さすがにでてこなかった。
先述のザックも現れるだろうかと思っていたが、ちょっとわからなかった(^_^;)
しばらくしたらガンバ選手バスが向こうの方から出たので、その出発した方向を追いヴィファ選手のバス見送りに。

バス見送りが終了してやっといろんなものから解放された気分になりました。
お祭りが無事終わってよかったー。うん。今日はほんとお祭りだった。
長崎県人はお祭り大好きな県民だもんなー。
そんなこんなで、長崎の初Jの日は過ぎていきました。


以上でレポは終わりです。
テンション無駄に高い文章でしたが、試合の様子伝わってきたでしょうか?
次回の私の参戦はホームでのカターレ富山戦になります。
この試合もまた今回と同じように臨場感のあるレポかければと思ってます。


ではまたです(^-^)/

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://unlm153.blog.fc2.com/tb.php/19-cf2dbee0

プロフィール

さねはら

Author:さねはら
諫早出身福岡在住のアラフォー女サポ。2008年東京在住時、ザスパ草津のFW選手との出会いをきっかけにJリーグにはまり現在に至ります。最近は諸事情で現地になかなか行けませんが、いつもいろんな事にアンテナを張り巡らせるようにしています。

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

長崎の天気予報

全国の天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

忍者ツールズ

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。